丸い頭になりますように

重度の斜頭症の次女の、ヘルメット治療の記録

治療までの経緯

次女の頭の形が気になり出したのは、

生後2〜3ヶ月のこと。

生まれつき少しいびつな所はあったものの、

私の添い乳+腕枕がよくなかったのか、

いつの間にか上から見るとかなりの平行四辺形に。

 

4ヶ月健診では「そのうち治る」と言われたものの、

いろいろ調べたり知人に聞いたりしたところ、

完全には治らず目立たなくなるだけとか、

自然には治らないとか。

 

ヘルメット治療や整体のこともネットで知り、

一番通いやすい、銀座のAHSという会社で、

まずは頭の形の測定だけしてもらうことにしました。

 

するとまさかの重度判定。

耳の位置も左右で前後1cmズレていました。

 

その後の脳神経外科の先生の診察でも、

「病気かどうか、この子の場合は

一応CTとった方がいい」と言われるほど。

 

幸い病気ではなく、AHSの人にも、

「再測定は無料なので、少し家で工夫してみて、

それから決めてもいいですよ」と言っていただき、

1ヶ月は家で向き癖を直したりと頑張ってみました。

 

再測定の結果がこれ。青い丸です。

f:id:elly-m:20170712145026j:plain

 

f:id:elly-m:20170712145054j:plain

少し改善したものの、重度のまま。

この時すでに、次女は生後5ヶ月。

データでは分からない、毎日感じる見た目のいびつさは相変わらずなので、

やるしかない、と夫も私も即決断しました。

 

後々、やっぱりやっておけば良かったと

後悔だけはしたくなかったので。

 

再測定まで待たず早く始めれば良かったのかもしれませんが、

夫も私もこれで迷いがなくなりましたし、

ヘルメットなしでも少し改善したことが分かって、

これからの1日23時間装着の日々を前に

少しだけ気持ちの面で負担が軽くなりました。